ZOOMお茶会

毎年JCFが夏休みに行っていた保養ですが、今年はコロナの関係で実行することが出来ません。


そこでZOOMを使って過去に保養に来て下さった方と繋がり、福島の様子を聞いてみようという事になり、8月5日、昨年松本に来て下さった2名の方とオンラインZOOMお茶会を開きました。


“お茶会”と付けたのは、ちょっとお楽しみのおまけも付けようと、事前に松本のお菓子を相手にお送りしそれを食べながらZOOMでおしゃべりしよう!という事になったのです。今回のお茶菓子は浅間温泉の郷土菓子「おしんこ餅」 。昨年来松した時に購入したかったけどたまたまお店がお休みだった事もあり買えなかったのでこの菓子に決めました。


夏休みはどう過ごしていますか?今の心配な事はありますか?汚染水はどう?など今の様子を3人のスタッフも含めてZOOMでおしゃべりしました。汚染水の問題については親子で意見が食い違い、海が近いのにいけないもどかしさ、放射能の話題が日常に無いことなど直接お話を聞くことが出来ました。


保養に関しては今はコロナの影響もあり出来ないのですが、今後も希望したい、出来ればもう少し長く滞在したい(昨年は2泊3日)、夏休み以外でもあれば行きたい!という希望も聞くことが出来ました。「おしんこ餅食べてね〜!」と言ったら「もう食べちゃいました〜!」と返事が返ってきました。オンラインの時は既に食べ終わってたという事です。


今回のZOOMお茶会の様子は来月発行予定のグランドゼロ124号でも報告します。

アルビルブラッドバンクの機材が稼働開始。 しかし。。。

アルビルブラッドバンクの機材が稼働開始。
しかし。。。

現在JCFがクルド自治区アルビルで行っているアルビル市のブラッドバンクへの支援。

新型コロナの影響で大幅な遅れが生じていましたが、ようやく全ての機材の設置が完了し、稼働を開始しました。

機材が老朽化し、献血室の運営が危ぶまれていましたが、間一髪のところで献血に影響を及ぼすことなく資機材の入れ替えを完了しました。

導入した機材は以下のものです。

・献血ベッド×10台
・血液バッグシェイカー10台
・クーリング遠心分離機×1台
・血小板インキュベーター1台

ブラッドバンクはアルビル市のあらゆる医療施設に血液を供給する命綱です。コロナ以外の疾病やケガの治療のためにも血液製剤の供給を停止するわけにいきません。

そのためコロナ危機下にあっても、通常通りの運営を行わねばならず、ずっと休む間もなく頑張っています。

しかし、その結果ブラッドバンクで勤務する職員の新型コロナによる感染が多くなっています。

先日ここで勤務する職員ナスルッディーンさんも新型コロナウィルスに感染し、それが重症化してしまいました。現在集中治療室で治療を受けており、私たちもナスルッディーンさんが一刻も早く回復されるよう願っています。

市民の健康を守るために、命がけで頑張っている医療従事者の方々に心より敬意を表します。医療従事者の皆様、どうぞお気をつけください。

※本事業は外務省NGO連携無償資金協力によって行われている事業です。

夏季休業のお知らせです!

みなさま、こんにちは。8月に入り気温もぐっと上がりコロナウイルス感染予防だけでなく、熱中症にも注意が必要な季節になりました。

外出時はOS-1のような経口補水液をバッグに忍ばせておくことをお勧めします!!

来週はお盆ですね。JCFでもお盆期間に合わせて夏季休業となります。

■夏季休業期間
2020年8月11日(火) ~ 8月14日(金)

(前後の土日祝日も休業となります)

休業期間中にいただいたお問合せについては、17日以降に順次ご連絡させていただきます。
皆様には大変ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解の程お願い申し上げます。

みなさまもどうぞご自愛ください。

JCFスタッフより

ありがとうございました!!クラウドファンディング終了しました

JCFとJIM-NET共同のクラウドファンディング「イラクにマスクを」キャンペーンが7月末日で終了しました。

無事に目標金額を大きく上回る支援を受け終了しました。

JCFでも会員さんの他、SNSや信濃毎日新聞を見て寄付してくださった方がたくさんおり、心より感謝申し上げます。クラウドファンディングサイド以外にも振り込みや持ち込みで支援してくださった方もいますので、集計が出ましたらまた報告します。

みなさまからのサポートは現地モスル、バグダード、バスラの小児血液腫瘍科の病棟とハルシャムPHC(一次医療施設)へPPE(個人防護具・・・サージカルマスク、アルコール消毒液、サージカルガウン、フェイスシールドなど)を現地で購入し、各施設へ届けました。多く集まった分も追加として配布する計画です。

○クラウドファンディングのページ

https://syncable.biz/campaign/1115#

PHC(一次医療施設)へPPEを支援しました

モスルのイブン・アルアシール病院へPPEを支援しました

現在イラクの感染者数はエジプトを超えてワースト1になりました。度重なる戦争や紛争で医療が脆弱であるイラクでは一度感染拡大が起きてしまうと収束への道のりはまだ厳しい状態です。今後も引き続きイラク医療支援にご協力お願いいたします。

ありがとうございました!!

クラウドファンディング目標金額達成!!

多くの方々のご支援により、JIM-NETと共同で開始したクラウドファンディングのネクストゴールの目標金額170万円を達成することができました。

アルビル市内の5つのPHCに支援物資の供給はできませんが、今回のクラウドファンディングではハルシャムPHCに支援物資を届けました。すでに感染対策グッズが使用されています。

下の写真の様にスタッフもマスクをして運営にあたっています(左:サラフッディーン県出身のマーヒルさんとクルド住民のアイユーブさん)

先日、モスルのイブン・アルアシール病院にも支援物資が届いた、と連絡がありました。麻酔器導入でもお世話になった業者さんが届けてくださいました。

コロナ禍の中、迅速に対応してくださりありがたい限りです。

先生はお疲れのご様子ですね〜

治療がんばったね!早く治療が終わって元の生活に戻れるように応援してるよ!

ゴールは達成いたしましたが、引き続き7月末日までクラウドファンディングで支援を呼びかけています。まだまだ十分ではないイラクの感染対策をどうぞご支援頂けますと嬉しいです。

私たちJCFも免疫機能が低下した白血病や小児がんのこどもたちを感染から守るために動きます!!

よろしくお願いします!
みなさまもどうぞ体調にお気をつけてお過ごしください。

◆◇クラウドファンディング詳細ページ ◆◇

https://syncable.biz/campaign/1115/

◆◇クレジット決済が出来ない方へ/振込先のご案内です◆◇
(JIM-NETの口座になります)

◆ゆうちょ銀行 振替口座
記号番号:00540-2-94945
口座名:日本イラク医療ネット

※郵便局に備え付けの青色の払込票に必要事項を記入してください。
※「イラクにマスクを」と備考欄に記入をお願い致します。

◆銀行振込
ゆうちょ銀行(金融機関コード 9900)
預金種目 :当座
店名 :〇五九 店 (〇は漢数字のゼロ)
口座番号 :0094945

※お名前に「マスク」とお願い致します。(例:マスク オオシマアイ)
※団体の季刊誌などを後日お届けしております。銀行振込の場合は住所・氏名漢字を
メールにてご連絡いただけますと幸いです。(info-jimアットjim-net.net)

アットをアットマーク(@)に変えてください

挑戦は7月末日まで続きますが、ひとまず感謝申し上げます。

ご支援を賜り、誠にありがとうございます。

ありがとうございます!

#イラクにマスクをhttps://syncable.biz/campaign/1115/

試練の中での友情〜イラク現地スタッフより〜

日本の皆さんが寄付してくださった医療物資がエルビル市ハルシャムPHC(プライマリ・ヘルスケア・センター)に届きました。このハルシャム周辺には、イスラム国の災禍から逃れて来た避難民が多数居住しており、彼らは未だに故郷に帰ることが出来ません。

ハルシャムPHCはこのように避難生活で困窮する人々のために質が高く、多岐に渡る医療サービスを提供しており、ここで暮らす人々にとってとても大切な医療施設になっています。

  6月25日、日本イラク医療支援ネットーワークJim-netとJCFのスタッフ、そしてハルシャムPHCのナジュムディーンセンター長らが皆様からいただいた寄付で感染対策に必要な医療物資を現地で購入しました。 それらをセンターで勤務する医療従事者らに配布し、また外来患者を感染から守るためのマスクや手袋、消毒液などの物資をセンター内に設置しました。     支援物資が届いたことでこの施設における感染対策の体制はガラッと変わりました。ここで勤務する医師の一人としてこの喜びを言葉で言い尽くすことはできません。施設内で孫がおじいちゃんにマスクや手袋を装着するのを手伝ってあげたり、患者さんがソーシャルディスタンスを取る様子を目にするとその喜びもひとしおです。     「予防は治療に勝る」と言いますが、本来、私たちは患者さんが病気になってしまって、苦しい治療を受けねばならなくなることは望んでいません。そういうわけで施設での予防体制を整えるための支援に協力してくださった日本の皆様の友情に対する感謝は言葉で言い表すことのできるものではありません。 私たちに全幅の信頼を寄せご支援くださってどうもありがとうございます。

Drバッサームより/ハルシャムPHC

◆◇クラウドファンディング詳細ページ ◆◇

https://syncable.biz/campaign/1115/  

◆◇クレジット決済が出来ない方へ/振込先のご案内です◆◇

(JIM-NETの口座になります)

◆ゆうちょ銀行

振替口座 記号番号:00540-2-94945
口座名:日本イラク医療ネット

※郵便局に備え付けの青色の払込票に必要事項を記入してください。
※「イラクにマスクを」と備考欄に記入をお願い致します。

◆銀行振込

ゆうちょ銀行(金融機関コード 9900)

預金種目 :当座
店名 :〇五九 店 (〇は漢数字のゼロ)
口座番号 :0094945

※お名前に「マスク」とお願い致します。(例:マスク オオシマアイ)
※団体の季刊誌などを後日お届けしております。

銀行振込の場合は住所・氏名漢字を メールにてご連絡いただけますと幸いです。(info-jimアットjim-net.net) アットをアットマーク(@)に変えてください  

イラクにマスクを届けたい ~ハルシャムPHCの役割〜

Jim-netとJCF共同で行っているクラウドファンディング 「#イラクにマスクを」への皆様の温かいご支援により、ハルシャムPHCに支援物資第一弾を届けることができました。心より御礼申し上げます。どうもありがとうございます。そして今回のクラウドファンディングを提案してくれたJim-netの皆さんありがとうございます。

支援物資第一弾の詳細は以下のリンクよりご覧ください。

Jim-netブログ「第一回ハルシャムPHC感染症対策支援を実施しました!」

以下のサイトより引き続き皆様からのご支援を募っております。

https://syncable.biz/campaign/1115#

ハルシャムPHC(プライマリ・ヘルスケア・センター)はイスラム国から逃れてきた避難民に医療を届ける目的で設立されました。イスラム国に占領されたモスルは日本でいえば大阪のような大都市です。それが陥落し、膨大な数の避難民がクルド自治区に逃れてきました。当時、病院は避難民で溢れ、地元住民が医療を受けれられなくなり、地元住民と避難民の軋轢が大きくなっていきました。

そのような中、地元住民に掛かる負担を軽減するため、避難民として離散してしまったモスルの医療従事者を集め、避難民によって避難民に医療を提供できるようにしようと作られたのがこのハルシャムPHCでした。避難民のために作られた医療施設でしたが、結果として避難民だけではなく、これまで医療にアクセスできなかった地元住民が避難民によって医療を享受できるようになりました。現在は避難民にとっても地元住民にとってもなくてはならない施設です。

この施設はクルド自治区の中でアラブ人避難民が勤務するという公立医療施設としては非常に稀なところです。アラブとクルドでは行政区分も異なり、本来は保健サービスもそれぞれが独立して行っていますが、ここではこうした行政区分を乗り越えて互いに協力し合うことで避難民も地元住民も相互に恩恵を受けることができるようになったのです。

クルドとアラブという行政区分によって限定されない曖昧な医療施設ですが、戦争などの災禍によってたくさんの避難民や民族が移動するこの時代、この「曖昧さ」こそが大切であり、明確な線引きを行うことによってリソース確保するよりも、明確な線引きを行わないことによって生まれる互恵関係を醸成することの方がより大切だと私は考えています。

財政的にもひっ迫し、診療所の発電機燃料を賄うだけでも四苦八苦するハルシャムPHCですが4年間なんとか運営してきました。同地域では、まだまだたくさんの避難民が避難生活を送っており、こうした方々の健康を守るためにもハルシャムPHCはその役割を果たしていかねばなりません。

そんな中で新型コロナウィルス感染が世界中を蔓延、イラクでも感染が広がりました。ナジュムッデイコロナウィルスムPHCセンター長は新型コロナウィルス感染拡大の第一波においてアルビルの検疫の現場責任者として拡散防止に尽力しました。ロックダウン中はPHCも閉鎖していましたが、再開してからは多くの地域住民の医療を支えています。先日1名の感染患者が見つかり、他施設へ移送しました。感染対策をしっかりすることで地域の医療を、住民を守ることができます。そのために今回の支援物資であるマスクやグローブ、ガウン、フェイスシールドなどはとても大切な役割を果たします。

ハルシャムPHCがコロナ禍を乗り越えて今後もその役割を果たしていけるよう、皆様の温かいご支援をどうかよろしくお願いいたします。

◆◇クラウドファンディング詳細ページ ◆◇

https://syncable.biz/campaign/1115/

◆◇クレジット決済が出来ない方へ/振込先のご案内です◆◇
(JIM-NETの口座になります)

◆ゆうちょ銀行 振替口座
記号番号:00540-2-94945
口座名:日本イラク医療ネット

※郵便局に備え付けの青色の払込票に必要事項を記入してください。
※「イラクにマスクを」と備考欄に記入をお願い致します。

◆銀行振込
ゆうちょ銀行(金融機関コード 9900)
預金種目 :当座
店名 :〇五九 店 (〇は漢数字のゼロ)
口座番号 :0094945

※お名前に「マスク」とお願い致します。(例:マスク オオシマアイ)
※団体の季刊誌などを後日お届けしております。銀行振込の場合は住所・氏名漢字を
メールにてご連絡いただけますと幸いです。(info-jimアットjim-net.net)

アットをアットマーク(@)に変えてください

よろしくお願いします!!!

クラウドファンディング、あともう少しです!!

みなさん、こんにちは。

今年は梅雨らしい梅雨ですね。各地で河川の氾濫や土砂災害などの危険が高まっていますので、どうぞお気をつけください。

JIM-NET(日本イラク医療ネットワーク)との共同プロジェクト『イラクにマスクを』とクラウドファンディングを行っています。7月末日までのあと25日となりました。多くの方のご協力で先週100万を突破しました。心より感謝申し上げます。

フルサイズでご覧になれます   イラクにマスクを 

しかし、イラクでは6月から新型コロナ感染者が急激に増えていることが7月6日のデータでもわかります。

イラク全土で約6万人、そしてJCFがN連の支援を受けて設立したPHC(一次医療施設)があるアルビルでも総計で約1,600人の感染者が出ました。実際にハルシャムPHCにも感染者が確認されすぐに他の病院に移送されたそうです。医療者も感染のリスクがある中で地域の保健衛生のために貢献しています。不足するPPE(個人防護具・・ガウンやフェイスシールド、マスク、アルコール消毒液など)を今回のクラウドファンディングで支援しています。

今回のクラウドファンディングですが、紹介しているページからですとクレジット決済しか選べませんが、振込みでも受け付けています。

みなさまの支援がイラクのこどもたちや国内避難民やクルドの住人のみなさんの感染リスクを減らす大きな力に変わります。

引き続きご支援よろしくお願いいたします。

◆◇クラウドファンディング詳細ページ ◆◇

https://syncable.biz/campaign/1115/

◆◇振込先のご案内です◆◇
(JIM-NETの口座になります)

◆ゆうちょ銀行 振替口座
記号番号:00540-2-94945
口座名:日本イラク医療ネット

※郵便局に備え付けの青色の払込票に必要事項を記入してください。
※「イラクにマスクを」と備考欄に記入をお願い致します。

◆銀行振込
ゆうちょ銀行(金融機関コード 9900)
預金種目 :当座
店名 :〇五九 店 (〇は漢数字のゼロ)
口座番号 :0094945

※お名前に「マスク」とお願い致します。(例:マスク オオシマアイ)
※団体の季刊誌などを後日お届けしております。銀行振込の場合は住所・氏名漢字を
メールにてご連絡いただけますと幸いです。(info-jimアットjim-net.net)

アットをアットマーク(@)に変えてください

よろしくお願いします!!!

グランドゼロ123号発送しました。

JCFが年4回発行している冊子「グランドゼロ」。123号(夏)を発送しました!
鎌田先生の「新型コロナがあることを前提にした社会へ」
佐藤健太さん(飯館村議会議員)「いいたて漆生産プロジェクト」
伊藤勇夫さん「汚染水の海洋投棄は最善策か?」

JCFスタッフの加藤の「イスラム国のコロナのこと、どう思っているんだろう」
以前訪問団でベラルーシ訪問した 力丸邦子さんの「カルチャー散歩・こんな時だから」
放射能測定のチームめとばによる稼働直前の東御市の木質バイオマス工場周辺の土壌測定結果や山菜測定結果など、今の話題を是非お読みください。
イラクの小児がん病院へのマスクや手袋、アルコールなどを支援するための
クラウドファンディングにJIM-NETと共に挑戦中!チラシも同封しました。イラクでは6月に入り
コロナウィルスによる感染者が急増しています。応援よろしくお願いします!

#イラクにマスクを クラウドファンディング始めました!

みなさん、こんにちは。

SNSを通じてもう知っている方も多いかと思いますが、JIM-NETと共同でクラウドファンディングを立ち上げました。

支援先病院にPPE(マスク、アルコール、手袋)の必要数を問い合わせ、計140万円分の支援を行うことを決定しました。これはイブン・アルアシール病院とバグダードの小児福祉教育病院、またハルシャムPHCが1ヶ月間の感染症対策のために必要としている物資の合計金額となります。

イブン・アルアーシル病院
イブン・アルアーシル病院

日本でも医療物資が十分でない中、なぜイラクに?と思う方もいるかも知れません。白血病や小児がんのこどもたちは疾患や治療の影響で免疫力が下がっています。医療者や面会者が対策を行わないとコロナウイルスに限らず、感染症で生命の危機に陥ってしまいます。イラクでも十分に感染対策を行っていますが、必要なマスクやアルコール手指消毒剤が足りません。ISISの迫害からクルド自治区に逃れてきて数家族で一軒の家に暮らす生活を続けている国内避難民の方々も密な環境を避けられず、一旦感染が蔓延するとアッとゆう間に感染拡大する危険があります。このような大変な時期だからこそ、遠い国で困難にある人たちのために思いを寄せるのもいいな、と思います(強制ではありません)。誰かの力を必要としてる人たちがいます。

あと39日。

皆様からのご支援をイラクの病院と診療所に届けます。

ご協力、よろしくお願いします!!

【イラクの病院の医療崩壊を防ぎたい!】 #イラクにマスクを

https://syncable.biz/campaign/1115/

ページトップへ
  • チェルノブイリ
  • 福島支援
  • イラク支援