ガラスバッジ交換

郡山・南相馬を訪問してきました。JCFでは郡山の安心安全アクションin郡山通称3a!郡山さんへ35個のガラスバッジを提供しています。訪問した30日は2015年度のプロジェクト開催後1回めのバッジ交換日でもありました。避難先から戻ってきて状況を把握したい親子、昨年から継続して装着する方など数名にお話を聞くことが出来ました。

3aの存在があることであまり知らされない放射能の現実を知ることになったという方もいます。火曜日はお野菜マルシェの日という事もあり、事務局には多くの方が出入りしていました。訪問後、郡山市内の公園を歩いてみました。現実を知りなるべく被曝を避けて欲しいです。南相馬、郡山で継続したバッジ装着を継続した方からは「除染する前と後では結果が明らかに違う」とか「保養に行った後の結果も下がっている」という声を聞きました。3a郡山では引き続いき細かい空間線量調査を継続しています。応援よろしくお願いします。

             郡山市内の子供が遊ぶ公園で計測

ページトップへ
  • チェルノブイリ
  • 福島支援
  • イラク支援