支援物資

11月22日の夜起こった長野県北部の地震による被害は広範囲に広がっている模様です。
被害の大きかった白馬地方は震度6弱。JCFの事務所から車で約1時間半あまりです。白馬から150km離れた場所には新潟県柏崎刈羽原子力発電所がありますがそこでは震度4。白馬は2011年3月の東北震災以降、多くの方がいち早く避難された場所でもあります。それだけ避難場所として提供して下さった方が多くいらっしゃったのです。県内は昨日から冷たい雨が降り続いています。余震も続いています。ボランティアの方々も片付けに追われている事と思います。倉庫にあったポケットカイロ約1,000個と1,000枚のマスクを白馬にお届けしました。これから寒さが厳しくなる白馬地方です。何とか早く暖かいお住まいに落ち着いて欲しいと思います。

ページトップへ
  • チェルノブイリ
  • 福島支援
  • イラク支援