イラク国内避難民支援訪問報告 4月11日

◎ナナカリー病院
事務長、小児科のペイマン先生に御挨拶
建築中の移植センターについて、鎌田先生が質問しました。

予算が足りない事と避難民患者で45%患者数が増加したので、2016年完成予定だったが、見通しがないようです。
病院長に13日、再び会う事になりました。

◎教会クリニックにて、ベフマン神父、ナガム先生と会談
クリニックは休日でしたが、出てきてくださいました。

今後クリニックに必要な物:糖尿病検査のヘモグロビンA1C測定器

ダラシャクランキャンプで会った、更に治療が必要な4人の子供の症状を深谷先生が伝え、ナガム先生が木曜日のご自分の診療日に来るよう連絡していく事になった。

◎モバイルクリニック  ドブサワ地区


4月11日

左から看護師の国井真波JCF理事、深谷医師、右端、神谷事務局長

ページトップへ
  • チェルノブイリ
  • 福島支援
  • イラク支援