モスルから ありがとうのメッセージ

みなさん、こんにちは。
グランドゼロ121号(冬号)が会員さんのお手元に届いた頃でしょうか?日本チェルノブイリ連帯基金のHPの「活動報告書グランドゼロ」というバナーをクリックすると最新号がWeb上でご覧になれますので、ぜひご覧ください。今回は台風19号被災地支援やベラルーシ訪問など、盛りだくさんです。
 今回、イラク報告は「モスルのイブン・アル=アシール病院に麻酔器を導入」を掲載しています。安全に苦痛なく検査できるよう麻酔器の導入を行いました。

12月上旬にリカ医師がモスルのイブン・アル=アシール病院を訪問しました。病院のスタッフとのミーティングも行いました。
麻酔器導入などのサポートに感謝するメッセージを病院のスタッフや入院している患者さんが心を込めてメッセージやイラストを描いてくれました。
ありがとう!

JCFでは次年度もイブン・アル=アシール病院の小児がん、白血病のこどもたちの治療成績が上がるようサポートしていきます。ひとりでも多くのかん元気になって日常に戻れるようになって欲しいです。学校に通ったり、家族で過ごす時間を楽しんで欲しいです。

ページトップへ
  • チェルノブイリ
  • 福島支援
  • イラク支援