被災地へ

「松本は大丈夫ですか?」11月22日に起こった長野県北部地震の影響を心配する電話をいち早く下さったのは福島の方でした。被害の大きかった白馬地方は現在も小さな余震が続いています。先日JCFを支援して下さっている小田原在住の支援者さんから「被災地の方に送ってください」と沢山のみかんがJCFに届きました。早速白馬の知り合いに連絡を取ったところ、「まだ片付けは終わっていない。ホテルなどで避難生活をしている方々は、今後スキー客の予約もありホテルを出なければならない。親戚のお宅に身を寄せている方もいる、大変だけど寒いなんて言っていられないよ、14日に集会所で支援コンサートを開くのでみなさんに配らせていただきます」と言うことでした。そこで頂いたみかんは白馬、そして福島の診療所を経由して仮設住宅にお住まいの方や復興を待つ皆様に送らせていただきます。ご支援ありがとうございました。

ページトップへ
  • チェルノブイリ
  • 福島支援
  • イラク支援