ピースクが繋ぐこと

暖かい1月です。

12月後半からのキャンペーン「Go!Go!ピースク 2020」も盛り上がっています。

一度取り寄せてくださった方から「(この貯金箱を通して)JCFの事を知ってもらえる素敵な機会になります。」と追加で20個依頼がありました。

「人々がピースクを目にし、JCFのことや原発のことを想い続けることもとても大切です。」

ご支援してくださる方のその思いを大切にスタッフでピースクを作っています。

最初はこのように牛乳パックをカッティングして、両面テープで形成します。

このようなクラフト製作はいつ以来でしょうか??イラク担当の加藤さんもがんぱっています。

この貯金箱を通してJCFの活動やイラク、福島に思いを繋げられることを祈りながら作っています。

ご希望の方はJCFまでご連絡ください!

日本チェルノブイリ連帯基金(JCF)
〒390-0303
住所:松本市浅間温泉2-12-12
Tel:0263−46−4218
Fax:0263−4446−6229
E-mail: asama@jcf.ne.jp
もしくはお問い合わせフォームからご連絡ください。

JCF 寄付について

おはようございます!松本市は朝は気温がマイナスになることが多くなりましたが、例年よりは暖かい印象です。

JCFの寄付の種類・募金方法についてご紹介したいと思います。

<寄付の種類>
・一般寄付

・ナジェージダ(ロシア語で希望の意味)・・・チェルノブイリ原発事故の影響を受けたベラルーシのゴメリにおける支援

・福島原発震災支援・・・健診(問診と血液検査・尿検査)、学校給食・食品・土壌の放射能測定、夏の保養などに充てられます。

・イラク医療支援・・・イラク国内(主にニナワ県モスルにあるイブン・アル=アシール病院)の小児がん・白血病のこども達の医療支援やイラク国内避難民支援のために充てられます。

その他、緊急支援をお願いすることもあります。

<募金方法>
①振込による寄付
郵便振替口座
口座番号 00560ー5−43020
加入者名 日本チェルノブイリ連帯基金

②クレジットカードからの寄付
月に2,000円ずつ、のようにマンスリー寄付など継続的な寄付もできます。
HPのトップページのバナーよりお申し込みください。

<寄付金控除について>
JCFは長野県から「認定NPO法人」として認定されていますので、寄付金控除の対象になります(正会員、賛助会員の会費は対象になりません)。詳細はHPの認定NPO法人についてをご覧ください。
確定申告のために領収書が必要な場合はHPのお問い合わせフォーム、もしくはお電話やFAXで連絡ください。

<募金キャンペーン>
〜Go! Go! ピースク 2020〜
現在、募金キャンペーンを絶賛開催中です!温かみのあるネズミちゃん貯金箱を希望者にお送りして(送料無料)、貯まった分を年末にご寄付いただくというキャンペーンもやっております。キャンペーンに参加し、寄付してくださった方にはお礼としてイラクのこども達が描いたクリスマスカードをお送りしています。ぜひお気軽にお問い合わせくださいね!
〒390−0303

松本市浅間温泉2−12−12
日本チェルノブイリ連帯基金(JCF)
電話:0263−46−4218
FAX:0263−46−6229

イラクのこどもたちからのクリスマスカード

いつもJCFをサポートしてくださりありがとうございます。
最近は冬らしい気候になってきました。松本は快晴ですが夜間は氷点下の日もあります。

今年も会員の皆さまにサポートのお礼にクリスマスカードを送りました。毎年恒例のカードはイラク、クルド人自治区のアルビル市内にある国内避難民のための学校の生徒が描いています。故郷に戻った国内避難民の方々のたくさんいますが、今でもアルビル市内に残り生活している方々も多くいます。カードはJCF現地スタッフのバンさんが調整してくださっています。

<今年のクリスマスカードの一部です>


黒板には ”知識は役立つ” と書かれています。学校での様子です。


イラクという国土が血を流しています。このカードを描いてくれた男の子はどのような思いでこの絵を描いたのでしょうか……とても胸が痛みました。


絵の中心にあるのはモスクにあるミナレットでしょうか。そこに書かれたメッセージは、直訳しますと ”亡くなった方々の魂に対して追悼を” とあります。現在イラクで行なわれているデモで犠牲になられた方々へのメッセージでしょうか……次回アルビルを訪問する機会があれば、こどもたちの思いに耳を傾けたいと思いました。
今年はアーチスティックな作品もありました。

JCFが協力しているハルシャムPHCではこのカードを描いてくださっている学校で定期的に学校健診(内科健診や歯科健診、視力検査など)を行っています。こどもたちの健康を守ることもPHCの大切な役割のひとつであり、地域に保健医療が定着してきていることはとても嬉しいです。


こどもたちが明るく夢を語れるようなイラクになるよう、日本から微力ですが、できることをしていきたいです。
また報告しますね!

メリークリスマス!!

モスルから ありがとうのメッセージ

みなさん、こんにちは。
グランドゼロ121号(冬号)が会員さんのお手元に届いた頃でしょうか?日本チェルノブイリ連帯基金のHPの「活動報告書グランドゼロ」というバナーをクリックすると最新号がWeb上でご覧になれますので、ぜひご覧ください。今回は台風19号被災地支援やベラルーシ訪問など、盛りだくさんです。
 今回、イラク報告は「モスルのイブン・アル=アシール病院に麻酔器を導入」を掲載しています。安全に苦痛なく検査できるよう麻酔器の導入を行いました。

12月上旬にリカ医師がモスルのイブン・アル=アシール病院を訪問しました。病院のスタッフとのミーティングも行いました。
麻酔器導入などのサポートに感謝するメッセージを病院のスタッフや入院している患者さんが心を込めてメッセージやイラストを描いてくれました。
ありがとう!

JCFでは次年度もイブン・アル=アシール病院の小児がん、白血病のこどもたちの治療成績が上がるようサポートしていきます。ひとりでも多くのかん元気になって日常に戻れるようになって欲しいです。学校に通ったり、家族で過ごす時間を楽しんで欲しいです。

募金キャンペーンご協力ありがとうございました!

6月25日から行ってきましたJCF募金キャンペーンが10月末日を以って終了しました。
グランドゼロ119号の発送と合わせてお願いを始めましたが、多くの方から温かいご支援をいただきましたことに心より感謝申し上げます。

<キャンペーン最終報告>

○福島原発震災支援
59万5,000円

○イラク医療支援
22万7,550円

集まった寄付は福島の子ども達の保養や健診・イラクの子ども達の医療支援に使わせていただきます。
また都度報告します!
キャンペーンは終了しますが、これからも引き続きご支援よろしくお願いいたします。

 

振込用紙・クレジットカードから寄付できます。

現在はチェルノブイリ医療支援の『ナジェージダ』、『福島原発震災支援』、『イラク医療支援』に加え、台風19号で被災された方々を支援するための緊急支援『台風19号被災支援』の寄付お願いを行っております。特に用途を指定しない場合は『一般寄付』とご記入ください。

どうぞこれからもJCFをよろしくお願いいたします。

イラク支援のページを更新しました

寒い冬が近づき、乗鞍の山々も雪化粧し始めました。

しばらく更新のなかったホームページですが、イラク支援のページを更新し2015年以降のイラク事業を掲載しました。

当HP『イラク支援』のバナーからご覧ください。
これからもJCFではイラク支援を行なっていきます。都度レポートしますのでお待ちくださいね!

アルビル保健局によるハルシャムPHCの視察

10月5日ハルシャム地区、プライマリ・ヘルスケア・センター(PHC)にエルビル保健局からの視察がありました。

ハルシャムPHCはモスルから逃れて来た国内避難民に医療を提供するために日本の外務省無償資金協力を得て、2016年に設立されました。
アラブ人とクルド人スタッフが協力し合って避難民や地元住民に医療を提供しています。

ここを訪れたDrチトー/エルビル県保健局長は「これほどたくさんの人々がここを利用しているとは驚いた。安定した基礎医療を提供できるように保健局としても協力する。不足などがあったら言って欲しい。」とおっしゃいました。

エルビル保健局とニナワ県保健局の橋渡しをするために奔走する同施設のナジュム氏/ハルシャムPHCセンター長の努力には頭が下がります。
このまま良好な協力関係が継続され、避難民と地元住民が安心して医療サービスを享受できることを私たちも望んでいます。

JCF

イラクのアルビル事務局より〜イブン・アル=アシール病院に麻酔装置を導入しました〜

イラクのアルビル事務局 現地スタッフのカーシムより報告です!

9月12日、モスルの小児白血病治療の拠点イブン・アル=アシール病院を支援のために訪れました。今回は白血病治療に必要な検査である骨髄穿刺を行う時に必要な麻酔装置を設置しました。
クルド自治区に住む私はこれまでモスルを訪れたことがなく、今回初めてモスルを訪れることができてともても良い経験になりました。モスルに詳しい小児科医であるバッサーム医師に同行してもらい、麻酔装置の設置を手伝ってもらいました。


イブン・アル=アシール病院では院長のユースフ医師、また同病院の血液疾患の責任者であるヤーセル医師と共に院内の視察も行いました。病院はスタッフ自身によって修復され、きれいになってはいますが、ところどころにその衝突の痕跡が見て取れました。

今回、設置した麻酔装置について、病院長はじめ、病院スタッフからは「非常に有意義であり、大変ありがたい」と感謝の言葉をいただきました。白血病の検査を行う際、骨髄液を採取するのですが、非常に太い針を腰の部分に深く挿入して採取しなければならず、大人でも耐えがたい苦痛を引き起こします。これまで同病院ではこうした検査を麻酔なしで行っていました。こうした状況を鑑み、病院とJCFのリカ医師の提言によって麻酔装置の導入が決定されました。この麻酔装置によって治療を行う子ども達の苦痛が軽減され、子ども達がより一層治療に向き合い、積極的に治療にまい進してくれるようになるでしょう。
この麻酔装置の導入はモスルの小児白血病治療の拠点であるイブン・アルアシール病院を再興させるための第一歩です。今後も私たちJCFはイブン・アルアシール病院が適切な白血病治療を行えるように継続的な支援を行う予定です。麻酔装置の導入にご協力くださった全ての方に感謝いたします。

JCF募金キャンペーン中です!

すっかり秋の風になりましたが、日中はまだ暑さを感じることもありますね。
JCFでは6月25日から10月末日まで募金キャンペーンを行っています。この期間に1万円以上の寄付、物販購入された方、また正会員になられた方にJCF頑張らないレーベルのCD『ふくしま・うた語り』をプレゼントしています。この機会にJCFをご支援よろしくお願いします。
CDの紹介はこちら→http://jcf.ne.jp/label4_cd

イラク医療支援では国内避難民支援と子ども達の小児がん、白血病の治療成績向上のための支援を行なっていきます。

ふくしま原発震災支援では通年で子ども達の健診(問診、採血検査、尿検査)、夏期休暇には保養を行っています。また学校給食や持ち込みの検体の放射能測定を継続しています。

ご協力いただいている皆様には心より感謝しています。
JCFはこれからも子ども達を守るためにアクションしていきますので、よろしくお願いします。

ヘルスプロモーションのVTRを制作中です!

今日は暑いですね!

近くの球場では高校野球のベスト8の試合が行われています。

夏ですね。

 

イラクのアルビル市内でサポートしているPHC(プライマリー・ヘルス・ケア・センター)でモニターでのVTR放映を通してヘルスプロモーション(健康増進)を行います。モニターはIOM(国際移住機関)が設置してくださり準備は万端です。

 

そこで放映するVTR制作の準備を進めているのですが、7月初旬に諏訪・茅野地区で撮影をしました。理事長である鎌田實医先生とリカ・アルカザイル先生の講話や鎌田先生によるスクワット、かかと落としのエクササイズの実践の収録を行いました。

 

トークの収録は諏訪市四賀の「音ギャラリー風我」さんで行いました。古民家をリノベーションしてコンサートやイベントができる素敵なギャラリーです。ザイラー社製のグランドピアノもあり、練習に予約する方もいるそうです。

 

鎌田式「スクワット」と「かかと落とし」はPHCで行う健康講話会でも大好評です。なかなか継続した運動をする習慣がないということで、健康で長生きするために日常的にちょこっとエクササイズすることは身体だけでなくこころにも良いことです。
また、エクササイズの内容は詳しくお伝えしますね!

 

 

諏訪中央病院のガーデンも撮影しました。入院患者さんも車イスを利用して看護師とともにガーデンでいろんな花や草木を愛でていました。入院生活でこのような時間が過ごせるのはいいな、と思いました。

 

これからまだ編集、吹き替えなどなど完成まではまだまだやることがたくさんありますが、これを機会に身体を動かす人が増えるといいな、と思います。

イラクにおけるJCFのメイン事業は小児白血病・小児がん治療の支援になっていきますが、PHCのサポートも継続して行っていきます。

JCFサポーターの皆様にはいつも活動を支えていただき感謝!!です。
これからも引き続き、イラクでの小児白血病・小児がん治療、PHCヘルスプロモーションのご支援をよろしくお願いいたします。

 

 

 

ページトップへ
  • チェルノブイリ
  • 福島支援
  • イラク支援