新作DVD PPH ピンピンひらりー人生100年時代をどう生きるー

新型コロナウイルスの影響で自宅で過ごす時間が増えている方が多いのではないでしょうか。JCFでは鎌田理事長の「鎌田式らくらく筋活」DVDを発売しました。鎌田式スクワットとかかと落としの他、フレイル(虚弱)予防のための口腔体操も一緒にできます。

 

タイトルのピンピンひらりとは…今まではピンピンコロリが理想の人生と言われることが多かったですが、コロリよりヒラリとあちら側へ旅立つ、という鎌田式哲学も多く語られています。これはおすすめですね。

 

なぜJCFが健康DVDを発売するの??って思った方もたくさんいると思います。

 

鎌田理事長はイラクの国内避難民のための施設(PHC)やキャンプで健康講話会とスクワットと貯筋の活動を続けてきました。健康を通して「いのち」や「平和」を考えることを伝えてきました。イラクでの健康活動のためにDVDを作りました。日本国内でもDVDを販売し、イラクと同様に日本中に健康やいのちを大切にする運動を広げていきたいと考えました。健康は国境を越え、人々の願いなのです。

 

 

DVDの収益は経費を除いてすべてイラクや福島の子ども達の健康のための支援に繋がるので、誰かのために協力できる、そして自分や周りの大切な人が健康になっていく…そのようなムーブメントを作っていかれたら…と考えたのです。

 

このような厳しい時代ですが、そんな今、オススメのDVDに仕上がりました。

オンラインショップから注文できます!

http://jcf.shop-pro.jp/?pid=150211187

 

<配達方法>

1枚〜2枚 クロネコメール便でポスト投函

3枚〜4枚   レターパックでポスト投函

まとまった注文はレターパックプラスor宅急便にて対応します。

 

メール便の袋は子ども達にお手伝いしてもらって作成しています。ちょっとシールなど曲がっていることもありますが、ご愛嬌でお許しください。

 

一人でも多くの方が健康で過ごせますように。またイラクや福島の子ども達にその思いが届きますように。

 

 

 

明日へつなげよう

2011年3月20日深夜、JCF/日本チェルノブイリ連帯基金は4トン車いっぱいの支援品を積んで、諏訪中央病院の看護師・医師の皆さんと福島県南相馬市に向かった。翌朝、小高病院院長の遠藤清次先生をはじめ病院関係者の皆さんが、私たちを迎えてくださった。丁度、入院患者さん全員を、新潟県や山形県の病院に搬送し終えた直後だった。

備蓄されていたわずかな食料で、応援に行ったはずの私たちのお腹を満たしてくれたのが、管理栄養士の鶴島綾子さんだった。

固くなりかけていたコッペパンを卵に浸してバターで焼いたり、鶴島さん独自のアイディアで、私たちは緊迫した中でも、外来患者さんや、避難所の方達のお世話をすることができた。

4月5日(日)10:05~10:47

NHK 「明日へつなげよう 証言記録」

鶴島さんが、当時を語る。

皆さん、ぜひご覧ください。私たちは、あの時からずっと変わらず南相馬の方達と繋がっている。

グランドゼロ122 春号を発送しました。

コロナウィルスの影響で外出を控えている方も多いと思います。
JCF事務局もテレワークの体制です。
ロックダウンという聞き慣れない言葉世界では当たり前になってきています。
日本も封鎖にならないうちになんとかグランドゼロ発送を終えました。
すでにお手元に届いていらっしゃる方もいるかと思います。
チェルノブイリ、フクシマ、そしてコロナウィルス・・・。
人間がまだまだいけると走り続けてきた結果が今に至っています。
イラク事業も日本人スタッフが渡航できない状態です。
JCFの小さな冊子から何か明るい未来を描ける発信が出来ると良いのですが。
新たなJCFグッズも間もなく公開できそうです。が、今は静かにコロナと向き合いましょう。
冊子ご希望の方はどうぞ事務局までご連絡下さい。尚、テレワークのためすぐに発送できない場合があります。ご了承下さい。
  asama@jcf.ne.jp

SNSでの情報発信もご覧ください

日本チェルノブイリ連帯基金ではよりたくさんの皆様に私たちの活動や現地の状況をお届するために、

TwitterやFacebookでも情報発信をおこなっております。是非こちらも御覧になってください。

 

JCF  Twitter

https://twitter.com/JCF69328985

JCF Facebook

https://www.facebook.com/JCF.office/

3・11は巡る

新型コロナウィルスの猛威、増え続ける患者数に私たちの不安は続きます。小・中・高の全国一斉休校と自宅でのテレワーク、通りにもスーパーにも人通りが少ないように思います。デマ・フェイクが飛び交い、混乱する社会は、9年前の東日本大震災の時と重なる。

 

福島・宮城・岩手・関東圏の方々にとって、9年間はどのようだったのでしょうか。

福島第一原発の汚染水・汚染土どうするのか。避難・移住を余儀なくされた方々の苦悩も同様に。

もって行き場のない不条理と閉塞感の中にいる今日この頃です。

次々に起こる災害と世界的なウィルスの脅威にも、私たちは2011年3月11日を忘れることなく、共にこの時代を歩んでいきたいと願っています。

3・11は朝霧のように

 カレンダーが、その日に近づくと波が押し寄せるように関連報道が増える。しかし、自分の事として、私たちはどこまで災害に向き合っているのか、考えさせられた。
 2014年に松本市に避難してきた方のお話しを効く会に参加した。訥々と語る2011年から、今までの家族史。地震と福島第一原発から上がる噴煙に事態を理解できないまま、新築の家、仕事を離れた。
 長男は、福島からやって来たと言えず、途中滞在した東京から、と答えていたそうだ。県人会を立ち上げ、交流の場を設けたが、お互いの心の内は、封印したままだった。

 あれから9年経った今、避難ではなく移住したと思っている、と言う。
 自然災害はもちろん、原発事故による不条理な“移住”だと思う。ここ松本で、どう繋がっていくか、私たちは共に生きているのだから。

「Team めとば」みんなのデータサイトFacebookページで紹介されました

みんなのデータサイトのFacebookのページでJCFの放射能測定グループ「Team めとば」が紹介されましたのでご紹介します。

https://www.facebook.com/minnanodatasite/posts/1284180595125755?__tn__=K-R

〜Facebookより〜
【 測定室紹介 第7回 「Teamめとば 」(長野県松本市)】
みんなのデータサイトに加盟する全国の測定室紹介も7回目。
 
今回は長野県松本市の浅間温泉にある「Teamめとば」をご紹介します。
美しい常念岳がそびえ、町中には足湯もある最高の場所にあるこのチームは、信州大学の学生さんを中心に発足した学生主体の測定室。
 
「Teamめとば」オフィシャルサイト URL: http://jcf.ne.jp/metoba/wp/
  
「教育県」と呼ばれる長野県。しかも信州大は、チェルノブイリ原発事故の際に医師として赴任し、昨年まで松本市長を努めた菅谷(すげのや)昭元市長の母校でもあります。


さすが長野だわ!と思いますが、素晴らしいのは若い学生さん達が主体となっているということ。一体どんな活動をされているのでしょう。
早速インタビューへまいりましょう!
 
★Q1:測定室を始めるに至った経緯
 
チェルノブイリ原発事故時からいち早く活動を開始した「日本チェルノブイリ連帯基金(以下JCF)」が長野県松本市にあったことから、当時の経験を生かし、福島第一原発事故直後にガラスバッジをすぐに導入し、外部被ばく測定を始めました。つまり「放射能の見える化」です。
 
さらにこのJCFが「食品や土壌の放射能汚染の実際はどうなのか?」ということで2011年秋に食品測定器を購入しました。
まずは福島で検体を採取したり、放射能が飛散したであろう長野県内や近隣の土壌などを測定していました。
 
JCF内において測定依頼が増える中、有効に測定器を稼働させようと、新たな測定室を作る構想が持ち上がり、JCFからご縁のあった当時信州大学名誉教授の三輪先生に相談がありました。
 
三輪先生はチェルノブイリ事故直後から、簡易放射線検知器「R-DAN」を使い、市民が常時放射線量を監視する運動に関わって来た方です。
福島原発事故において、空間線量がすさまじく上がったことを最初に発見し各所に連絡したのも、この全国にまたがるR-DANの測定の成果でした。
 
そして、三輪先生は「物理を学んだ学生なら装置の実力をうまく引き出すことが出来るだろう」と学生に呼びかけてくださり、先生を室長とし、大学院生7人と4年生2人の体制で始まったのが「Teamめとば」の始まりです。
 
★ 測定室としてのこだわりは?
1.信州大学生による学校給食測定
  
震災後、徐々に松本に避難してくる人が増えました。
松本は事故被災地から300キロ以上離れていますが環境が良い、都市部からの交通の便も良いこともあり、避難者は一時200家族程いました。
 
めとばのメンバーが子どもを連れたお母さん達と対話する中で「学校給食を測定してみたらどうだろう?」と提案し、当時市議だった方や避難者の協力もあり、給食センターと契約を交わして2012年から「笑顔の給食プロジェクト」が始まり現在に至っています。
 
食材は給食センターが提供してくださるメニューの中からめとばのメンバーが選別します。
検出限界10Bq/kgを目標として、放射能が検出された場合はすぐにセンターに連絡し、その食材の利用をストップしてもらいます。
 
過去に干し椎茸、さつまいも、れんこんから検出され、直前で給食に使われることなく別の食材に変えることが出来ました。
 
震災から間もなく9年になりますが今でも給食測定は週2回のペースで行われています。
結果はすべてJCF―Teamめとばのホームページで公開しています。


2.地元の高校生と共に
 
めとばの発足当時は、松本市内の高校にあるエクセラン高校の環境科学コースの生徒さんが授業の一環として行っている放射線学習への出前授業の依頼があり、学生ならではの視点で放射能についてレクチャーしました。
 
その高校では長野県の北信に飛散した放射能の実態を調べるために定期的に現地に行き、生徒自ら採取したコシアブラや苔、土壌などを数年間測定し研究をまとめました。
 
その結果をエコスクールで発表し、環境安全教育研究会の発表では最優秀賞を頂きました。
担当の先生は「自分たちが歴史的に大きな節目となる『事故』の目撃者であると意識した時間があったことを忘れないでいて欲しい」とコメントしていました。
 
3.山菜・きのこ測定
長野県は山菜やきのこの産地で、北信では今でも県が一部のきのこの採取を自粛要請している地域がありますが、時期になると直売所やスーパーに地元産のきのこや山菜が出回ります。
 
以前上田市で購入したきのこが200Bq/kgを超え、すぐに県に連絡し、直売所や市場で注意を強化するように対応してもらいました。これからも時期を逃さず測定を続けていきたいと思います。
4.寒冷地ならではの「灰」の測定
 
県内では薪ストーブを使う家庭を多く見かけます。あまり力を入れて測定しているわけではありませんが、寒さが訪れる頃、灰測定やペレットの測定依頼もあります。
以前はストーブを販売している業者からの依頼もありました。
※薪やペレットは、燃やすと灰になった時に放射能量が最大で約200倍に濃縮されるため、注意が必要。
 
★Q4. 読者のみなさんへ一言お願いします!
世界で原発事故が二度と起きないように、日本の市民測定所が自分たちの手で調べた放射能汚染の実態を測定、発信することの大切さを感じています。
また私たちのように、若い学生の経験や研究を世界に向けて発信できれば、日本で起きた事故をいかしていけると思いますので、これからもしっかり測定をしていきます。
>>>
風化しつつある原発事故と放射能の影響が、若い人たちの学びと発信によって引き継がれていることに、心からの敬意と、そして申し訳ないという思いでいっぱいですが、今日もめとばのメンバーは未来のためにがんばっています。
★Teamめとば
住所 〒390-0303 長野県松本市浅間温泉2-12-12
TEL: 0263-46-4218
開所時間→9:00~17:00(土日祝日は休み)
※ GW、お盆、年末年始など閉所しています。
駐車場→8台程あります。来所される方はご利用ください。

他の測定室の紹介も連載でされていますので、ぜひご覧ください。

2月16日 市民活動商店街が開催されます

先週は今季一番の冷え込みでしたが、昨日からは春のような日が戻り、現在17℃です。気候変動の問題を痛感しています。

さて、今日は2月16日に松本市中央公民館(Mウイング)で行われる市民活動商店街のお知らせをしたいと思います。

JCFは松本市震災支援ネットの一団体として保養や交流会などを行っています。

今回、松本市の公民館研究集会の一環として松本市地域づくり課がまちづくりや若者の地域おこしのイベントが行われます。その中で、松本市震災支援ネットもパネル展示を行います。
他の団体もいろんなブースを出していますので、楽しい日曜になりそうです♪

当日はJCFスタッフもいますので、ぜひMウイングにお越しください!!
チラシが見にくい場合は画像をクリックしていただくか、こちらのURLからご覧ください

https://www.support-center.jp/images/pdf/20200216_ShiminKatsudoShotengai.pdf

ピースクが繋ぐこと

暖かい1月です。

12月後半からのキャンペーン「Go!Go!ピースク 2020」も盛り上がっています。

一度取り寄せてくださった方から「(この貯金箱を通して)JCFの事を知ってもらえる素敵な機会になります。」と追加で20個依頼がありました。

「人々がピースクを目にし、JCFのことや原発のことを想い続けることもとても大切です。」

ご支援してくださる方のその思いを大切にスタッフでピースクを作っています。

最初はこのように牛乳パックをカッティングして、両面テープで形成します。

このようなクラフト製作はいつ以来でしょうか??イラク担当の加藤さんもがんぱっています。

この貯金箱を通してJCFの活動やイラク、福島に思いを繋げられることを祈りながら作っています。

ご希望の方はJCFまでご連絡ください!

日本チェルノブイリ連帯基金(JCF)
〒390-0303
住所:松本市浅間温泉2-12-12
Tel:0263−46−4218
Fax:0263−4446−6229
E-mail: asama@jcf.ne.jp
もしくはお問い合わせフォームからご連絡ください。

JCF 寄付について

おはようございます!松本市は朝は気温がマイナスになることが多くなりましたが、例年よりは暖かい印象です。

JCFの寄付の種類・募金方法についてご紹介したいと思います。

<寄付の種類>
・一般寄付

・ナジェージダ(ロシア語で希望の意味)・・・チェルノブイリ原発事故の影響を受けたベラルーシのゴメリにおける支援

・福島原発震災支援・・・健診(問診と血液検査・尿検査)、学校給食・食品・土壌の放射能測定、夏の保養などに充てられます。

・イラク医療支援・・・イラク国内(主にニナワ県モスルにあるイブン・アル=アシール病院)の小児がん・白血病のこども達の医療支援やイラク国内避難民支援のために充てられます。

その他、緊急支援をお願いすることもあります。

<募金方法>
①振込による寄付
郵便振替口座
口座番号 00560ー5−43020
加入者名 日本チェルノブイリ連帯基金

②クレジットカードからの寄付
月に2,000円ずつ、のようにマンスリー寄付など継続的な寄付もできます。
HPのトップページのバナーよりお申し込みください。

<寄付金控除について>
JCFは長野県から「認定NPO法人」として認定されていますので、寄付金控除の対象になります(正会員、賛助会員の会費は対象になりません)。詳細はHPの認定NPO法人についてをご覧ください。
確定申告のために領収書が必要な場合はHPのお問い合わせフォーム、もしくはお電話やFAXで連絡ください。

<募金キャンペーン>
〜Go! Go! ピースク 2020〜
現在、募金キャンペーンを絶賛開催中です!温かみのあるネズミちゃん貯金箱を希望者にお送りして(送料無料)、貯まった分を年末にご寄付いただくというキャンペーンもやっております。キャンペーンに参加し、寄付してくださった方にはお礼としてイラクのこども達が描いたクリスマスカードをお送りしています。ぜひお気軽にお問い合わせくださいね!
〒390−0303

松本市浅間温泉2−12−12
日本チェルノブイリ連帯基金(JCF)
電話:0263−46−4218
FAX:0263−46−6229

ページトップへ
  • チェルノブイリ
  • 福島支援
  • イラク支援