松本市波田地区の学習会に参加しました!

9月14日に松本市波田地区で月に1回学習会を開催している「戦争をさせない1000人委員会・まつもと」の波田憲法学習会でイラクについてお話しをさせていただきました。

波田地区は乗鞍や上高地への玄関口であり、スイカで有名な地域です。
集団的自衛権の成立以降、学習会を開催し、憲法改正や共謀罪など話し合いをしてきました。
また第二次世界大戦時に波田地区からも多くの方が満州に移民、また青年義勇軍として満州に渡りました。このような歴史を学ぶ学習会や講演会も行っています。

今回のテーマは「イラクってどんな国?医療支援に携わって」です。
何を伝えるか考えていた時、「なぜJCFはイラクで活動をするのか?」ということを伝えたい、ということになりました。何となく劣化ウラン弾の影響とされる白血病や小児がんが多いから・・・をもう少し紐解いてみよう、と思いました。



米軍がイラクで使用した劣化ウラン弾によって破壊された戦車などがそのまま残っている街でこどもたちはその危険性を何も知らずに遊び、被ばくしました。
家族も危険性など知らなかったでしょう。



この動画の少年も戦争のせいで大人になることができませんでした。


私たちはNPO団体であり、政治的なメッセージを発信することはできませんが、日本も後方支援をして対テロ戦争に協力していたことは事実です。
その中でイラクでは一番弱い立場にいるこどもたちが病気になりました。今でもその影響は続いています。

放射能の被害からこどもたちの命を守りたい、という思いで活動してきたJCFですが、イラクの地でも病気のこどもたちが早く家族と過ごし、普通に学校に通えるような日常を取り戻せるようにこれからも支援していきます。

学習会に参加してくださった皆様、関心を持ってくださりありがとうございました!!


◆◇イラク支援にご協力お願いいたします!!◆◇

クレジットカードからも寄付できます。


◆郵便振替口座

口座番号:00560-5-43020
口座名:日本チェルノブイリ連帯基金
連絡欄:イラク支援

◆インターネット銀行および他金融機関からの振込用
059(ゼロゴキュウ)店(059)
当座:0043020

アルビルブラッドバンクの機材が稼働開始。 しかし。。。

アルビルブラッドバンクの機材が稼働開始。
しかし。。。

現在JCFがクルド自治区アルビルで行っているアルビル市のブラッドバンクへの支援。

新型コロナの影響で大幅な遅れが生じていましたが、ようやく全ての機材の設置が完了し、稼働を開始しました。

機材が老朽化し、献血室の運営が危ぶまれていましたが、間一髪のところで献血に影響を及ぼすことなく資機材の入れ替えを完了しました。

導入した機材は以下のものです。

・献血ベッド×10台
・血液バッグシェイカー10台
・クーリング遠心分離機×1台
・血小板インキュベーター1台

ブラッドバンクはアルビル市のあらゆる医療施設に血液を供給する命綱です。コロナ以外の疾病やケガの治療のためにも血液製剤の供給を停止するわけにいきません。

そのためコロナ危機下にあっても、通常通りの運営を行わねばならず、ずっと休む間もなく頑張っています。

しかし、その結果ブラッドバンクで勤務する職員の新型コロナによる感染が多くなっています。

先日ここで勤務する職員ナスルッディーンさんも新型コロナウィルスに感染し、それが重症化してしまいました。現在集中治療室で治療を受けており、私たちもナスルッディーンさんが一刻も早く回復されるよう願っています。

市民の健康を守るために、命がけで頑張っている医療従事者の方々に心より敬意を表します。医療従事者の皆様、どうぞお気をつけください。

※本事業は外務省NGO連携無償資金協力によって行われている事業です。

ありがとうございました!!クラウドファンディング終了しました

JCFとJIM-NET共同のクラウドファンディング「イラクにマスクを」キャンペーンが7月末日で終了しました。

無事に目標金額を大きく上回る支援を受け終了しました。

JCFでも会員さんの他、SNSや信濃毎日新聞を見て寄付してくださった方がたくさんおり、心より感謝申し上げます。クラウドファンディングサイド以外にも振り込みや持ち込みで支援してくださった方もいますので、集計が出ましたらまた報告します。

みなさまからのサポートは現地モスル、バグダード、バスラの小児血液腫瘍科の病棟とハルシャムPHC(一次医療施設)へPPE(個人防護具・・・サージカルマスク、アルコール消毒液、サージカルガウン、フェイスシールドなど)を現地で購入し、各施設へ届けました。多く集まった分も追加として配布する計画です。

○クラウドファンディングのページ

https://syncable.biz/campaign/1115#

PHC(一次医療施設)へPPEを支援しました

モスルのイブン・アルアシール病院へPPEを支援しました

現在イラクの感染者数はエジプトを超えてワースト1になりました。度重なる戦争や紛争で医療が脆弱であるイラクでは一度感染拡大が起きてしまうと収束への道のりはまだ厳しい状態です。今後も引き続きイラク医療支援にご協力お願いいたします。

ありがとうございました!!

クラウドファンディング目標金額達成!!

多くの方々のご支援により、JIM-NETと共同で開始したクラウドファンディングのネクストゴールの目標金額170万円を達成することができました。

アルビル市内の5つのPHCに支援物資の供給はできませんが、今回のクラウドファンディングではハルシャムPHCに支援物資を届けました。すでに感染対策グッズが使用されています。

下の写真の様にスタッフもマスクをして運営にあたっています(左:サラフッディーン県出身のマーヒルさんとクルド住民のアイユーブさん)

先日、モスルのイブン・アルアシール病院にも支援物資が届いた、と連絡がありました。麻酔器導入でもお世話になった業者さんが届けてくださいました。

コロナ禍の中、迅速に対応してくださりありがたい限りです。

先生はお疲れのご様子ですね〜

治療がんばったね!早く治療が終わって元の生活に戻れるように応援してるよ!

ゴールは達成いたしましたが、引き続き7月末日までクラウドファンディングで支援を呼びかけています。まだまだ十分ではないイラクの感染対策をどうぞご支援頂けますと嬉しいです。

私たちJCFも免疫機能が低下した白血病や小児がんのこどもたちを感染から守るために動きます!!

よろしくお願いします!
みなさまもどうぞ体調にお気をつけてお過ごしください。

◆◇クラウドファンディング詳細ページ ◆◇

https://syncable.biz/campaign/1115/

◆◇クレジット決済が出来ない方へ/振込先のご案内です◆◇
(JIM-NETの口座になります)

◆ゆうちょ銀行 振替口座
記号番号:00540-2-94945
口座名:日本イラク医療ネット

※郵便局に備え付けの青色の払込票に必要事項を記入してください。
※「イラクにマスクを」と備考欄に記入をお願い致します。

◆銀行振込
ゆうちょ銀行(金融機関コード 9900)
預金種目 :当座
店名 :〇五九 店 (〇は漢数字のゼロ)
口座番号 :0094945

※お名前に「マスク」とお願い致します。(例:マスク オオシマアイ)
※団体の季刊誌などを後日お届けしております。銀行振込の場合は住所・氏名漢字を
メールにてご連絡いただけますと幸いです。(info-jimアットjim-net.net)

アットをアットマーク(@)に変えてください

挑戦は7月末日まで続きますが、ひとまず感謝申し上げます。

ご支援を賜り、誠にありがとうございます。

ありがとうございます!

#イラクにマスクをhttps://syncable.biz/campaign/1115/

試練の中での友情〜イラク現地スタッフより〜

日本の皆さんが寄付してくださった医療物資がエルビル市ハルシャムPHC(プライマリ・ヘルスケア・センター)に届きました。このハルシャム周辺には、イスラム国の災禍から逃れて来た避難民が多数居住しており、彼らは未だに故郷に帰ることが出来ません。

ハルシャムPHCはこのように避難生活で困窮する人々のために質が高く、多岐に渡る医療サービスを提供しており、ここで暮らす人々にとってとても大切な医療施設になっています。

  6月25日、日本イラク医療支援ネットーワークJim-netとJCFのスタッフ、そしてハルシャムPHCのナジュムディーンセンター長らが皆様からいただいた寄付で感染対策に必要な医療物資を現地で購入しました。 それらをセンターで勤務する医療従事者らに配布し、また外来患者を感染から守るためのマスクや手袋、消毒液などの物資をセンター内に設置しました。     支援物資が届いたことでこの施設における感染対策の体制はガラッと変わりました。ここで勤務する医師の一人としてこの喜びを言葉で言い尽くすことはできません。施設内で孫がおじいちゃんにマスクや手袋を装着するのを手伝ってあげたり、患者さんがソーシャルディスタンスを取る様子を目にするとその喜びもひとしおです。     「予防は治療に勝る」と言いますが、本来、私たちは患者さんが病気になってしまって、苦しい治療を受けねばならなくなることは望んでいません。そういうわけで施設での予防体制を整えるための支援に協力してくださった日本の皆様の友情に対する感謝は言葉で言い表すことのできるものではありません。 私たちに全幅の信頼を寄せご支援くださってどうもありがとうございます。

Drバッサームより/ハルシャムPHC

◆◇クラウドファンディング詳細ページ ◆◇

https://syncable.biz/campaign/1115/  

◆◇クレジット決済が出来ない方へ/振込先のご案内です◆◇

(JIM-NETの口座になります)

◆ゆうちょ銀行

振替口座 記号番号:00540-2-94945
口座名:日本イラク医療ネット

※郵便局に備え付けの青色の払込票に必要事項を記入してください。
※「イラクにマスクを」と備考欄に記入をお願い致します。

◆銀行振込

ゆうちょ銀行(金融機関コード 9900)

預金種目 :当座
店名 :〇五九 店 (〇は漢数字のゼロ)
口座番号 :0094945

※お名前に「マスク」とお願い致します。(例:マスク オオシマアイ)
※団体の季刊誌などを後日お届けしております。

銀行振込の場合は住所・氏名漢字を メールにてご連絡いただけますと幸いです。(info-jimアットjim-net.net) アットをアットマーク(@)に変えてください  

イラクにマスクを届けたい ~ハルシャムPHCの役割〜

Jim-netとJCF共同で行っているクラウドファンディング 「#イラクにマスクを」への皆様の温かいご支援により、ハルシャムPHCに支援物資第一弾を届けることができました。心より御礼申し上げます。どうもありがとうございます。そして今回のクラウドファンディングを提案してくれたJim-netの皆さんありがとうございます。

支援物資第一弾の詳細は以下のリンクよりご覧ください。

Jim-netブログ「第一回ハルシャムPHC感染症対策支援を実施しました!」

以下のサイトより引き続き皆様からのご支援を募っております。

https://syncable.biz/campaign/1115#

ハルシャムPHC(プライマリ・ヘルスケア・センター)はイスラム国から逃れてきた避難民に医療を届ける目的で設立されました。イスラム国に占領されたモスルは日本でいえば大阪のような大都市です。それが陥落し、膨大な数の避難民がクルド自治区に逃れてきました。当時、病院は避難民で溢れ、地元住民が医療を受けれられなくなり、地元住民と避難民の軋轢が大きくなっていきました。

そのような中、地元住民に掛かる負担を軽減するため、避難民として離散してしまったモスルの医療従事者を集め、避難民によって避難民に医療を提供できるようにしようと作られたのがこのハルシャムPHCでした。避難民のために作られた医療施設でしたが、結果として避難民だけではなく、これまで医療にアクセスできなかった地元住民が避難民によって医療を享受できるようになりました。現在は避難民にとっても地元住民にとってもなくてはならない施設です。

この施設はクルド自治区の中でアラブ人避難民が勤務するという公立医療施設としては非常に稀なところです。アラブとクルドでは行政区分も異なり、本来は保健サービスもそれぞれが独立して行っていますが、ここではこうした行政区分を乗り越えて互いに協力し合うことで避難民も地元住民も相互に恩恵を受けることができるようになったのです。

クルドとアラブという行政区分によって限定されない曖昧な医療施設ですが、戦争などの災禍によってたくさんの避難民や民族が移動するこの時代、この「曖昧さ」こそが大切であり、明確な線引きを行うことによってリソース確保するよりも、明確な線引きを行わないことによって生まれる互恵関係を醸成することの方がより大切だと私は考えています。

財政的にもひっ迫し、診療所の発電機燃料を賄うだけでも四苦八苦するハルシャムPHCですが4年間なんとか運営してきました。同地域では、まだまだたくさんの避難民が避難生活を送っており、こうした方々の健康を守るためにもハルシャムPHCはその役割を果たしていかねばなりません。

そんな中で新型コロナウィルス感染が世界中を蔓延、イラクでも感染が広がりました。ナジュムッデイコロナウィルスムPHCセンター長は新型コロナウィルス感染拡大の第一波においてアルビルの検疫の現場責任者として拡散防止に尽力しました。ロックダウン中はPHCも閉鎖していましたが、再開してからは多くの地域住民の医療を支えています。先日1名の感染患者が見つかり、他施設へ移送しました。感染対策をしっかりすることで地域の医療を、住民を守ることができます。そのために今回の支援物資であるマスクやグローブ、ガウン、フェイスシールドなどはとても大切な役割を果たします。

ハルシャムPHCがコロナ禍を乗り越えて今後もその役割を果たしていけるよう、皆様の温かいご支援をどうかよろしくお願いいたします。

◆◇クラウドファンディング詳細ページ ◆◇

https://syncable.biz/campaign/1115/

◆◇クレジット決済が出来ない方へ/振込先のご案内です◆◇
(JIM-NETの口座になります)

◆ゆうちょ銀行 振替口座
記号番号:00540-2-94945
口座名:日本イラク医療ネット

※郵便局に備え付けの青色の払込票に必要事項を記入してください。
※「イラクにマスクを」と備考欄に記入をお願い致します。

◆銀行振込
ゆうちょ銀行(金融機関コード 9900)
預金種目 :当座
店名 :〇五九 店 (〇は漢数字のゼロ)
口座番号 :0094945

※お名前に「マスク」とお願い致します。(例:マスク オオシマアイ)
※団体の季刊誌などを後日お届けしております。銀行振込の場合は住所・氏名漢字を
メールにてご連絡いただけますと幸いです。(info-jimアットjim-net.net)

アットをアットマーク(@)に変えてください

よろしくお願いします!!!

クラウドファンディング、あともう少しです!!

みなさん、こんにちは。

今年は梅雨らしい梅雨ですね。各地で河川の氾濫や土砂災害などの危険が高まっていますので、どうぞお気をつけください。

JIM-NET(日本イラク医療ネットワーク)との共同プロジェクト『イラクにマスクを』とクラウドファンディングを行っています。7月末日までのあと25日となりました。多くの方のご協力で先週100万を突破しました。心より感謝申し上げます。

フルサイズでご覧になれます   イラクにマスクを 

しかし、イラクでは6月から新型コロナ感染者が急激に増えていることが7月6日のデータでもわかります。

イラク全土で約6万人、そしてJCFがN連の支援を受けて設立したPHC(一次医療施設)があるアルビルでも総計で約1,600人の感染者が出ました。実際にハルシャムPHCにも感染者が確認されすぐに他の病院に移送されたそうです。医療者も感染のリスクがある中で地域の保健衛生のために貢献しています。不足するPPE(個人防護具・・ガウンやフェイスシールド、マスク、アルコール消毒液など)を今回のクラウドファンディングで支援しています。

今回のクラウドファンディングですが、紹介しているページからですとクレジット決済しか選べませんが、振込みでも受け付けています。

みなさまの支援がイラクのこどもたちや国内避難民やクルドの住人のみなさんの感染リスクを減らす大きな力に変わります。

引き続きご支援よろしくお願いいたします。

◆◇クラウドファンディング詳細ページ ◆◇

https://syncable.biz/campaign/1115/

◆◇振込先のご案内です◆◇
(JIM-NETの口座になります)

◆ゆうちょ銀行 振替口座
記号番号:00540-2-94945
口座名:日本イラク医療ネット

※郵便局に備え付けの青色の払込票に必要事項を記入してください。
※「イラクにマスクを」と備考欄に記入をお願い致します。

◆銀行振込
ゆうちょ銀行(金融機関コード 9900)
預金種目 :当座
店名 :〇五九 店 (〇は漢数字のゼロ)
口座番号 :0094945

※お名前に「マスク」とお願い致します。(例:マスク オオシマアイ)
※団体の季刊誌などを後日お届けしております。銀行振込の場合は住所・氏名漢字を
メールにてご連絡いただけますと幸いです。(info-jimアットjim-net.net)

アットをアットマーク(@)に変えてください

よろしくお願いします!!!

グランドゼロ123号発送しました。

JCFが年4回発行している冊子「グランドゼロ」。123号(夏)を発送しました!
鎌田先生の「新型コロナがあることを前提にした社会へ」
佐藤健太さん(飯館村議会議員)「いいたて漆生産プロジェクト」
伊藤勇夫さん「汚染水の海洋投棄は最善策か?」

JCFスタッフの加藤の「イスラム国のコロナのこと、どう思っているんだろう」
以前訪問団でベラルーシ訪問した 力丸邦子さんの「カルチャー散歩・こんな時だから」
放射能測定のチームめとばによる稼働直前の東御市の木質バイオマス工場周辺の土壌測定結果や山菜測定結果など、今の話題を是非お読みください。
イラクの小児がん病院へのマスクや手袋、アルコールなどを支援するための
クラウドファンディングにJIM-NETと共に挑戦中!チラシも同封しました。イラクでは6月に入り
コロナウィルスによる感染者が急増しています。応援よろしくお願いします!

#イラクにマスクを クラウドファンディング始めました!

みなさん、こんにちは。

SNSを通じてもう知っている方も多いかと思いますが、JIM-NETと共同でクラウドファンディングを立ち上げました。

支援先病院にPPE(マスク、アルコール、手袋)の必要数を問い合わせ、計140万円分の支援を行うことを決定しました。これはイブン・アルアシール病院とバグダードの小児福祉教育病院、またハルシャムPHCが1ヶ月間の感染症対策のために必要としている物資の合計金額となります。

イブン・アルアーシル病院
イブン・アルアーシル病院

日本でも医療物資が十分でない中、なぜイラクに?と思う方もいるかも知れません。白血病や小児がんのこどもたちは疾患や治療の影響で免疫力が下がっています。医療者や面会者が対策を行わないとコロナウイルスに限らず、感染症で生命の危機に陥ってしまいます。イラクでも十分に感染対策を行っていますが、必要なマスクやアルコール手指消毒剤が足りません。ISISの迫害からクルド自治区に逃れてきて数家族で一軒の家に暮らす生活を続けている国内避難民の方々も密な環境を避けられず、一旦感染が蔓延するとアッとゆう間に感染拡大する危険があります。このような大変な時期だからこそ、遠い国で困難にある人たちのために思いを寄せるのもいいな、と思います(強制ではありません)。誰かの力を必要としてる人たちがいます。

あと39日。

皆様からのご支援をイラクの病院と診療所に届けます。

ご協力、よろしくお願いします!!

【イラクの病院の医療崩壊を防ぎたい!】 #イラクにマスクを

https://syncable.biz/campaign/1115/

イラクのコロナ禍と緊急食料支援 ~ある家族との遭遇~

イラクのコロナ禍と緊急食料支援 ~ある家族との遭遇~

イラクでもコロナ対策による自粛で市民の経済活動に影響が見られ、困窮する人々が増えてますが、特に2014年のイスラム国との衝突によりモスルから逃れて来た避難民が特に深刻な影響を受けています。

そこでJCFでは現地スタッフのバン・ガーニムと現地教会のザカリヤ神父らと協力し、エルビル市郊外の8地区に住む避難である35家族を対象に緊急食糧支援を実施ました。一家族あたり約3500円相当の食糧(卵、紅茶、乾麺、クスクス、食用油、食器用洗剤など)、また赤ちゃんや幼児がいる家庭には必要物資購入のための現金を支給しました。

モスルなどから逃れて来たキリスト教徒、イスラム教徒、ヤズィード教徒に加え、シリアからの避難民にも支援を届けました、職を失った賃金労働者の家庭、また2人の障がいを持つ子どもを抱える家庭(本号表紙写真)、一つのアパートに複数家族で同居する家庭など、各家庭それぞれ事情を抱えています。       そのような中とある家族に出会いました。ラディーフ・ユースフ・ハーシム、現地では「学生たちの殉教者」と呼ばれた男性の遺族です。このラディーフ氏に関する報道がありましたので少しご紹介します。   (引用) 学生たちの殉教者 ラディーフ・ハーシム   2010年5月2日の朝、数百人の学生を乗せたバスの車列がバグディーダからモスル大学へ向かっていた。しかし突如、バスを狙った路傍爆弾が爆発し、バスは緊急停車。幸いにもその爆発で負傷などは生じなかったが現場は騒然とした。   そこへ一台のピックアップトラックがやってきてバスの車列に寄せる形で停車した。たまたま現場に居合わせたラディーフはそのトラックを不審に思い、警戒していると、トラックの運転者が車を降りて去ろうとした。   ラディーフが去ろうとする運転手に「なぜあそこに車を停めたんだ?」と聞くと、彼は「燃料切れだ。」と答えた。答えを聞くや否やラディーフはバスを降りようとしていた学生たちとバスの運転手に向かってに「バスを降りるな!そのままここを離れろ!」と叫んだ。その車にも爆発物が積まれていると察知したのだ。   彼がバスにその場を離れるよう叫び続けている最中、その車は爆発した。幸いにもラディーフの必死の呼びかけでバスは爆発から免れ、学生たち数百人の命は救われた。しかし、その場で呼びかけを続けたラディーフと近くにいたモスル大の女学生サンディ・シャビーブ・ハーディの2名が亡くなった。容疑者は混乱の最中行方をくらました。 イシュタールTV「学生たちの殉教者 ~目撃証言より~」 https://www.ishtartv.com/viewarticle,28953.html     バン・ガーニムがラディーフ氏の遺族を訪問した際の様子を伝えてくれました。   ラディーフ氏の奥様は悲しみを胸の内に秘め、寡黙な様子でした。私が「あなたの人生はまだまだこれからよ。」と伝えると、彼女は少し涙し、「夫はまだ私の心の中で生きていて、決して忘れることはできない。」と呟きました。 ラディーフ氏が身挺して学生たちのた犠牲になった時、娘のラフィーフはまだ彼女のお腹の中にいましたが、今では大きくなっていました。(ラディーフ氏の家族の写真は家庭のご事情により掲載は控えさせていただきます。)   モスルが解放されてから(2017年7月)から3年近く過ぎようとしていますが、帰還できずに避難生活を続ける人々がまだまだたくさん存在しています。   また避難民もイスラム国だけでなくラディーフ氏の家族にようにそれ以前の問題によって避難してきた家族もたくさん存在しています。   こうした避難民家族がいずれ元気に故郷に帰れるよう皆様のご支援をよろしくお願いいたします。 JCFでは同地区に住む避難民の方々に医療支援も行っていますのでこちらもどうぞご支援をよろしくお願いいたします。

ページトップへ
  • チェルノブイリ
  • 福島支援
  • イラク支援