グランドゼロ123号発送しました。

JCFが年4回発行している冊子「グランドゼロ」。123号(夏)を発送しました!
鎌田先生の「新型コロナがあることを前提にした社会へ」
佐藤健太さん(飯館村議会議員)「いいたて漆生産プロジェクト」
伊藤勇夫さん「汚染水の海洋投棄は最善策か?」

JCFスタッフの加藤の「イスラム国のコロナのこと、どう思っているんだろう」
以前訪問団でベラルーシ訪問した 力丸邦子さんの「カルチャー散歩・こんな時だから」
放射能測定のチームめとばによる稼働直前の東御市の木質バイオマス工場周辺の土壌測定結果や山菜測定結果など、今の話題を是非お読みください。
イラクの小児がん病院へのマスクや手袋、アルコールなどを支援するための
クラウドファンディングにJIM-NETと共に挑戦中!チラシも同封しました。イラクでは6月に入り
コロナウィルスによる感染者が急増しています。応援よろしくお願いします!

クルド自治区で自転車が流行!?

こんにちは皆さん。JCFの現地スタッフ、バッサームです。

 

私が住むアインカワ地区はクルド自治区の首都エルビル市にある人口3万人ほどの町です。

 

キリスト教カルデア教会の信徒が多く住んでおり、古い教会や墓所といった歴史的名所も多いところです。またレストランも多く賑やかな街です。

 

イラクでもコロナウィルス対策が行われていますが、現在は外出規制も少し緩和され、外出が許される時間になると、住人は散歩をするなどして運動不足の解消に努めています。ダイエットに励むご婦人も良く見かけます。

 

まだ完全にコロナを制圧できたわけではないので、一緒に歩く人同士も少し距離をとりながら歩いています。

 

ところでこうした中で最近は自転車に乗る人をよく見かけるようになりました。若い人はもちろん、年配の人も自転車に乗るようになっているようです。

 

夕暮れどきにスイスイと自転車を漕いで、笑ったり、話したりしながら、車に邪魔されることなく楽しんでいます。

 

 

自粛生活で不便な事も多いのですが、その結果人々が自転車に乗るようになり、積極的に運動するようになったりして、健康に対する意識が以前より高まっているのは喜ばしいことだと思います。

 

 

 

2014年町が避難民で溢れかえっていたころ頃と比べると、こうしたことができることが如何に幸せなことかと実感します。

 

Dr.バッサーム・ナジュム

コロナ禍の中で4月26日

2020年は、大変な年になった。

世界中を席巻する新型コロナウィルスによる患者数、お亡くなりになる方々も日々更新されていく。

朝のトップニュースで住んでいる地域の数が増えているのを確認する度に、気持ちが落ち込んでいく。

暗い、悲しい報に接する度に、人間一人一人の在処がさまざまな角度から突きつけられてくるように思う。

 

 

科学といのちについて、立ち止まることになったのが1986年4月26日に起こったチェルノブイリ原子力発電所の大爆発事故だ。

人為ミスという言葉の裏にある原発自体の構造的欠陥か、操作したオペレーターの責任か、いずれにせよ、人間の営みのおぞましさがある。

コロナへの対応策に右往左往する政治家、命の最前線でウィルスと戦う医療従事者の皆さん、次第に自分にできることは・・・と戻っていく。

防衛策をきちんとしよう!

食事をバランスよく摂ろう!

身体を動かそう!

そして、明日はジャガイモの植え付けをしよう!

 

 

未来への追想

 

4月26日はJCF誕生のメモリアル・ディ。

 

チェルノブイリ原発事故の起こった日です。

 

今から四半世紀前、JCFはベラルーシ保健省と共催で「チェルノブイリ問題シンポジウム」を開催した。

 

その時、日本から総勢47名が参加した。

 

 

JCF理事の金井貞德さんが、地元紙に綴ってくださった文章を紹介させていただく。

 

 

 

「チェルノブイリ、福島を語る事は未来への追想、という気持ちがあると言われる。」

 

クリックすると拡大します。

早春賦の候

「春は名のみの風の寒さや~」

信州は、「早春賦」の歌詞がぴったりの今日この頃です。

佐久の実家から北を望むと浅間山は冠雪。

 

しかし、足下には春が座っていました。

 

ふと、遙か遙か昔、天草半島をドライブした時に読んだ一首が蘇ってきました。

 

不知火に    陽光散る日

浜椿 一輪落ちて

春はここにも

グランドゼロ122 春号を発送しました。

コロナウィルスの影響で外出を控えている方も多いと思います。
JCF事務局もテレワークの体制です。
ロックダウンという聞き慣れない言葉世界では当たり前になってきています。
日本も封鎖にならないうちになんとかグランドゼロ発送を終えました。
すでにお手元に届いていらっしゃる方もいるかと思います。
チェルノブイリ、フクシマ、そしてコロナウィルス・・・。
人間がまだまだいけると走り続けてきた結果が今に至っています。
イラク事業も日本人スタッフが渡航できない状態です。
JCFの小さな冊子から何か明るい未来を描ける発信が出来ると良いのですが。
新たなJCFグッズも間もなく公開できそうです。が、今は静かにコロナと向き合いましょう。
冊子ご希望の方はどうぞ事務局までご連絡下さい。尚、テレワークのためすぐに発送できない場合があります。ご了承下さい。
  asama@jcf.ne.jp

~イラクの医療危機を探る旅5~

~イラクの医療危機を探る旅5~

規則をかいくぐって薬品を調達。医療資材購入規則の問題

 

1970年代に制定された政府の現行規則は、アイダーニーのような(公立病院の)医師が機器や薬品を民間会社から直接に購入することを禁じている。

その代わりに公立病院はバグダードの保健省から直接、薬剤や資機材を受け取ることになっているのだ。だが、その保健省はそうした物資を十分に供給できるような財政状況にない。

アイダ-ニー「もしルール通りにやっていたら子供達はあっさり死んでしまうだろう」

そのため彼は抜け穴を使う。つまりクルド自治区から薬品を購入するのだ。クルド自治区は自治権を持ち独自の保健省を擁している。そのためここでは中央政府と並行して輸入される薬品の品質チェックが行われている。

 

クルド自治区エルビルの薬局

 

クルド自治区エルビルの薬局2

 

 

 

クルド自治区で売られる薬品はクルド自治政府によって既にチェック済みであり、承認されている。そのため彼が購入する薬品は一応、『政府(クルド自治政府であるが)』によって認可されたものと見なされるというわけだ。

ヘルスケアに関してはクルド自治区の方がイラクの他地域に比べてまだマシだ。クルド自治区は2003年以後、他の地域で見られたような米国との戦争や宗派対立による荒廃から免れたからだ。

 

 

薬局や医療資材会社が立ち並ぶクルド自治区のメディカルストリート

 

 
クルド自治区にはイラクの総人口の15%から20%に当たる人々が暮らしているが、ここにはイラク全体の心臓疾患センター、またリハビリセンターの1/4、また糖尿病センターの1/3が存在する。

 

またイラクの地域における病床数は1.1床/1000人、また医師は0.8人/1000人であるが、クルド自治区における病床数は1.5床/1000人、医師1.4人/1000人、と多い。

(6へと続く)

写真はクルド自治区エルビルのメディカルストリート。ここにはプライベートクリニックや薬局、医療資材会社が集まる。(写真JCF)

これはロイター通信が作成したイラクの医療事情レポートを翻訳したものです。イラクの医療事情問題の把握にとても役立ちます。

アラビア語版
https://ara.reuters.com/article/topNews/idARAKBN20P1ZF

英語版
https://www.reuters.com/investi…/special-report/iraq-health/

前回までの記事

1 http://jcf.ne.jp/wp/archives/4456
2 http://jcf.ne.jp/wp/archives/4504
3 http://jcf.ne.jp/wp/archives/4521
4 http://jcf.ne.jp/wp/archives/4565

SNSでの情報発信もご覧ください

日本チェルノブイリ連帯基金ではよりたくさんの皆様に私たちの活動や現地の状況をお届するために、

TwitterやFacebookでも情報発信をおこなっております。是非こちらも御覧になってください。

 

JCF  Twitter

https://twitter.com/JCF69328985

JCF Facebook

https://www.facebook.com/JCF.office/

3・11は朝霧のように

 カレンダーが、その日に近づくと波が押し寄せるように関連報道が増える。しかし、自分の事として、私たちはどこまで災害に向き合っているのか、考えさせられた。
 2014年に松本市に避難してきた方のお話しを効く会に参加した。訥々と語る2011年から、今までの家族史。地震と福島第一原発から上がる噴煙に事態を理解できないまま、新築の家、仕事を離れた。
 長男は、福島からやって来たと言えず、途中滞在した東京から、と答えていたそうだ。県人会を立ち上げ、交流の場を設けたが、お互いの心の内は、封印したままだった。

 あれから9年経った今、避難ではなく移住したと思っている、と言う。
 自然災害はもちろん、原発事故による不条理な“移住”だと思う。ここ松本で、どう繋がっていくか、私たちは共に生きているのだから。

JCF 寄付について

おはようございます!松本市は朝は気温がマイナスになることが多くなりましたが、例年よりは暖かい印象です。

JCFの寄付の種類・募金方法についてご紹介したいと思います。

<寄付の種類>
・一般寄付

・ナジェージダ(ロシア語で希望の意味)・・・チェルノブイリ原発事故の影響を受けたベラルーシのゴメリにおける支援

・福島原発震災支援・・・健診(問診と血液検査・尿検査)、学校給食・食品・土壌の放射能測定、夏の保養などに充てられます。

・イラク医療支援・・・イラク国内(主にニナワ県モスルにあるイブン・アル=アシール病院)の小児がん・白血病のこども達の医療支援やイラク国内避難民支援のために充てられます。

その他、緊急支援をお願いすることもあります。

<募金方法>
①振込による寄付
郵便振替口座
口座番号 00560ー5−43020
加入者名 日本チェルノブイリ連帯基金

②クレジットカードからの寄付
月に2,000円ずつ、のようにマンスリー寄付など継続的な寄付もできます。
HPのトップページのバナーよりお申し込みください。

<寄付金控除について>
JCFは長野県から「認定NPO法人」として認定されていますので、寄付金控除の対象になります(正会員、賛助会員の会費は対象になりません)。詳細はHPの認定NPO法人についてをご覧ください。
確定申告のために領収書が必要な場合はHPのお問い合わせフォーム、もしくはお電話やFAXで連絡ください。

<募金キャンペーン>
〜Go! Go! ピースク 2020〜
現在、募金キャンペーンを絶賛開催中です!温かみのあるネズミちゃん貯金箱を希望者にお送りして(送料無料)、貯まった分を年末にご寄付いただくというキャンペーンもやっております。キャンペーンに参加し、寄付してくださった方にはお礼としてイラクのこども達が描いたクリスマスカードをお送りしています。ぜひお気軽にお問い合わせくださいね!
〒390−0303

松本市浅間温泉2−12−12
日本チェルノブイリ連帯基金(JCF)
電話:0263−46−4218
FAX:0263−46−6229

ページトップへ
  • チェルノブイリ
  • 福島支援
  • イラク支援