第98次訪問団とスタディツアー出発

9月初旬、残暑の候、ロシア・ベラルーシでは「バービェ・レータ(熟女の夏)」と呼ばれる季節だ。松本の今日の天気は、晴れてはいるが、肌寒い。ベラルーシはどうだろう。

 8日の出発を控え、訪問先のアポイントが確認できたことが、ゴメリ州執行委員会から送られてきた。いつものことながら、ひやひやしながら、出発の日を迎える。

 今回は、ベトカ地区病院に心電計を4台持っていく医療支援訪問団と福島からベラルーシを見たいというスタディツアーのメンバーの混合チームだ。

 それぞれの課題も両手に抱え、行ってきま~す。

ページトップへ
  • チェルノブイリ
  • 福島支援
  • イラク支援