食品放射能測定を開始

食品放射能測定を開始しました。


使用検査機器
日立アロカメディカル株式会社 食品放射能測定システム CAN-OSP-NAI
 
事業の目的
・ 食品や飲料水に含まれる放射能検査をすることによって、内部被ばくのリスクを回避する。
汚染度を把握し、対策を立てる。
市民の持ち込み食品だけでなく、公共に資するもの、一般的には測定されていないものを定期的に測定していく。
幼児の口にするもの・飼料・加工食品・嗜好品など。  
対象試料
・食品(自家栽培作物・流通食品)
・飲料水(水道水・井戸水)   

検出限界:セシウム-134 セシウム-137 合算で可能な限り10Bq/kg以下になるように計測時間設定して測定します。

検査費用 (1検体)
・一般 2,000円 (会員得点あり、会員有効期限内1回無料、2回目から半額)   
・法人 5,000円

*必ず事前に事務局に電話(0263-46-4218)で予約お申し込みをお願いします。
 測定依頼書をファックス等でお送りします。

ページトップへ
  • チェルノブイリ
  • 福島支援
  • イラク支援