保養準備

遠くに北アルプスが、目前には戸隠がそびえています。
今夏、子ども信州ネット・北信州の皆さんは、夏休みに福島の子どもたちを保養に呼ぼうと計画を進めています。信州の大自然の中で、のびのびと楽しんでもらおう。ここは放射能汚染の心配はないんだよ、と言ってあげたい。そこで北信州の斉藤さん、本道さん、大沢さんたちと脱原発北信濃ネットワークで活動してきた三輪先生とTeamめとばの丹羽さんが、保養地、松代のJA研修センターに出向き、空間線量の測定をしてきました。今回は、本番前の事前準備としての測定です。雨水のたまりやすい古墳の石が積まれている凹みや尼厳山に続く道脇の繁みの下から土壌も持ってきました。
今年度は、Taemめとばが保養地の測定に出向きます。

ページトップへ
  • チェルノブイリ
  • 福島支援
  • イラク支援