子どもからのメッセージ

JCFスタッフの鈴木が中心になって作る今年の干支であるネズミの張り子を使った貯金箱(ピースク)が好評です!JCFの会員でもあるKさんも貯金箱を受け取ってくださった中の一人です。
Kさんはイラクの子どもが描いたクリスマスカードを知り合いの子どもを持つお母さんたちに見せながらイラクの話をして、JIM-NETチョコをプレゼントしたそうです。

その話を聞いた後、お母さんは家に帰り2人の兄妹にその事を伝えました。すると兄妹はKさん夫妻にお手紙を描いて送ったのです。お手紙に添えた絵の写真と共にお母さんから事務局に以下のメールが有りました。
「kさんからイラクの子どもが描いた絵を見せて頂きながらイラクのお話を聞きました。さらに美味しいチョコレートも頂きました。 家に帰り子どもたちにその話をしたら、何も言わず、話を聞いてましたが、 その後、息子達はK夫妻にお手紙書いたのです。お兄ちゃんは「チョコレートありがとうございます。 イラクの話、すごく心に響きました。 この絵は幸せになってほしい気持ちで書きました」 と、男の子が花を手に持ち、幸せの中、笑顔で飛び上がってる絵を書いてました。 このチョコレートの力を感じました! 私も友達や子どもたちに送りたいなと思います。絵は、とてもわかりやすく、チョコレートと一緒に子どもの心に響いたようです。
みんなが幸せになってほしいと願う気持ちは、子どもも大人も変わらない、
心の奥からでてくるものなんだなと思いました。
イラクの女医さんのお話を聞いて、いつも戦争の中にいることが、
どんなに辛いだろうかと、苦しくなりました。いち早く、みんな幸せな戦争のない世界になってほしい。チョコレートの事を機会に募金をしたいので貯金箱(ピースク)も譲っていただけますか?」
という内容でした。絵を描いてくれた兄妹はお兄ちゃんが4年生、妹のYちゃんは1年生です。
チョコとイラクの子どもの絵を通して伝えて下さったK夫妻にも感謝です。



このブログを見た方もピースクを1年間可愛がっていただき、貯まったお金を寄付していただけると嬉しいです。
貯金箱を欲しい!と言う方、以下JCFまでご連絡下さい。牛乳パックで作った手作り貯金箱ですよ!
松本市浅間温泉2-12-12 日本チェルノブイリ連帯基金
電話 0263-46-4218まで。

ページトップへ
  • チェルノブイリ
  • 福島支援
  • イラク支援