ある日の事務局

事務局長とイラクから避難しているリカー医師は同居をしています。
二人は生活する中でお互いにいい意味でとても気を使い合っています。



リカー医師は夜遅くまで学会資料を作成する


事務局長が寝ているのを起こさないようにとスローモーションで動く
しかしリカー医師が歩くと床が鳴る


そうしないためにほんとにゆっくり歩く、しかし床が鳴る
リカー医師は笑いながら歩く姿を事務局で披露してくれました。

明るい二人。


お互いを思いやるその気持ちがあればイラクも世界でいがみ合っている国も平和になるはずです。

中澤 事務局

ページトップへ
  • チェルノブイリ
  • 福島支援
  • イラク支援