きのこ採取

チームめとばでは地元のキノコを毎年測定しています。今年もキノコの季節になりました。雨続きの毎日でしたが今日はきのこ採取日和。チームめとばや三輪先生、JCFスタッフは事務所から車で30分あまりの市内にある県有林へきのこ採取に行きました。同行して下さったのは昨年同きのこ名人の田口康夫さんと辰巳さん。きのこ採取初体験のチームめとば3名は急な斜面に驚いていた様子でしたが歩けばそこここにあるキノコ採取にいつしか夢中になっていました。結構とれたのに食べられるキノコはほんのわずか。でも測定に必要な量は十分確保できました。似ているけど毒の有る物、無いものの区別の仕方などを田口さんに教えていただきました。わずかしか取れませんでしたが天然のしめじもありました。キノコは県内でも放射能の数値が出ることがあります。めとばのメンバーも興味があると言います。食べる人にも現状を知っておいてほしいと思います。測定を希望する方はJCF事務局内電話0263-46-4218チームめとばまでご連絡ください。

ページトップへ
  • チェルノブイリ
  • 福島支援
  • イラク支援