「小さき声のカノン」~選択する人々~試写会

昨日は松本シネマライツにて鎌仲ひとみ監督の「小さき声のカノンー選択する人々」のマスコミ・自主上映会企画者向けの試写会がありました。スタッフ3名が参加させていただきました。上映後、鎌仲監督とJCF事務局長のトークもありました。JCFでは先月25日、チェルノブイリメモリアルイベントとして「カノンだより」を上映と鎌仲監督の講演を行いました。6月13日にはいよいよ「小さき声のカノン~選択する人々~」が公開となります。避難した方には、4年経った今だからこそ家族や親せきなど身近な人に見ていただけたら目には見えない放射能に対して理解を深めていただけるよいきっかけとなるかもしれません。そして、なんとなく福島で起きたことを遠くに感じている方にもここ日本で起きていることを鎌仲監督の作品を通し、感じ考えていただけるよき作品かと思います。上映会場の松本シネマライツでも親子上映会を企画しているとのこと。
興味はあるけど、子どもが……というお母さまも、今回はお子さま同伴で映画館に行けるチャンスです。
6月13日から公開。一人ひとりに語りかけるメッセージを感じて受け取ったらきっと動きたくなる映画です。沢山の方に観ていただきたいと思います。そして全国でも順次公開中ですのでぜひ映画館へ足をお運びください。
http://kamanaka.com/canon/

ページトップへ
  • チェルノブイリ
  • 福島支援
  • イラク支援