チェルノブイリ・メモリアルデー報告

4月26日Mウィング視聴覚室でのメモリアルデーイベントには沢山のご参加をありがとうございました。

国井理事のプロジェクターを使った発表

国井理事のプロジェクターを使った発表


最初に国井真波(JCF理事/看護師)からの約一時間のウクライナ報告がありました。
沢山の写真を交えた現地報告は、ウクライナの状況をリアルに伝え、チェルノブイリ原発の現在の状況や修復工事の大変さは福島と重ね合わせて考えさえられました。
『チェルノブイリから25年』を執筆した小児科医ステパーノバ医師からウクライナの子どもの健康状態についての情報や、被災地での子どもの経過観察の必要性等についての言及もありました。

事務局スタッフ横内からJCFの福島支援報告。
JCF-Teamめとばは二年間の測定結果のデータ分析や今後の取り組みについて発表しました。

JCF-Teamめとば石川さんの発表

発表するJCF-Teamめとば石川さん




このイベントについては新聞等でも取り上げて頂きました。
市民タイムス誌の記事

市民タイムス誌の記事

ページトップへ
  • チェルノブイリ
  • 福島支援
  • イラク支援